恵の小さな海

アクセスカウンタ

zoom RSS クラゲのその後は・・・

<<   作成日時 : 2013/10/14 15:22   >>

トラックバック 0 / コメント 6

口腕2本が溶け、傘の縁(触手)も溶けたカラージェリー(ブラウン)、(前記事はこちら

その後、9/14にスクレーパーで傘の真ん中をスパッと開けられた穴は、3〜4日で再生された。


画像(2013.9.24撮影)
















もう一匹のホワイトは、無傷だけれど傘の直径4cmから3cmに縮み、その後元気にパコパコ

大きさも最初の4cmを少し超えるまでに成長していました。

溶解事件後、餌のアルテミアを別容器で与えることに疑問を抱いたので止め、

水槽に直接入れることにしました。変な粘液も出すこともなく、捕食率もアップ。

毎日2回、大量のアルテミアを投入、水質を心配しましたが、

1週間経っても、硝酸塩はゼロに近いしリン酸塩もゼロ(ハンナチェッカー)だった。

チェッカーが壊れたのかと思って、2段水槽も測ってみたら0.58ppmだった、壊れてはいないようだ。

クラゲ水槽のリン酸塩ゼロは意外だ。

餌はアルテミアのみ。小さなハゼが4匹等々入っているし・・・濾過が順調ということでしょうか?

すべてうまく行っているように思えたが、

ある日、パコパコと元気なホワイトが急に水槽の片隅にいて泳ぎ回らなくなった。

水流を軽く当てても、また元の場所に戻って、ジーっと・・・。

何故かブラウンも元気なく隣でジーっとしている、どうした?






ネット検索・・・ある記事によると

  ・カラージェリーはタコクラゲと同じですが、水質にはもっと敏感。成体の寿命もせいぜい半年らしいです

  ・寿命ですが、ミズクラゲで1.5〜2年、サカサクラゲで5年以上、ギヤマンクラゲで半年位?、
   タコクラゲは1年位といわれており、この1年とは成体になってからの1年ではなく
   生まれてから(エフィラから)1年位らしいです
   私たちの手元に来る成体は、小さめの物でもおそらく3ヶ月位、大きい物ではもっと経っているはずです
   だから私達素人が普通の水槽で飼ったらもっと短くなるのは当然の事かもしれません。


我が家のクラゲももうすぐ3ヵ月が過ぎようとしています。

ということは、そろそろ寿命なのかな?

いったんは縮んだものの、成長して元気にパコパコしている姿を皆さんに見てもらおうとしていた矢先、

あまりにも突然でした。

最初の1日目は、ちょっと休んでいるのだろうと、

2日目も同じ状態で???

3日目は口腕の一部溶けているではありませんか、

4日目は口腕のすべてが溶け・・・ピクリともしません(-_-;)

5日目、もうダメです。 悲しいけれど取り出しました。


するとどうでしょう! ホワイトから何度離しても寄りそうようにしていたブラウンが、泳ぎ始めました。

あの寄り添いにはとても不思議なものを感じました。




傘の直径が1.5cmの満身創痍のブラウンが、元気とはいえませんがパコパコ・・・

昨日もアルテミアを十分獲っていたし、もうしばらくは大丈夫のような気もしますが、

沈んでいることが多いので、残念ですが覚悟しておいた方が良さそうです。



それにしても「カラージェリー」短すぎますよ〜 


これでクラゲはもう終わりかと思っていたら・・・新たなる出会いが・・・不思議だ!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜

アルテミアを別容器で与えるのはあまり良くなかったですか。
私も以前、サカサクラゲをワイングラスで飼っていたとき、
グラス替えの度に水質が変わるせいか、掬って移し変えるせいか
あまり良くなかったです。似たような状況なのかな?

ホワイトさん、残念でしたね。
悪化し始めてから急に駄目になるんですね。
クラゲの寿命、短いですねー。でもサカサクラゲだけ5年以上ですか?
う〜ん、あのサテライト、暫らく続く(続けなきゃいけない)わけですね。^^;
微妙な気持ちです。^^;

もしかしたら、この前、言っておられたブラインの卵に
混ざっていたかもというクラゲ?
UP楽しみにしています。^^
白いヒトデ
2013/10/14 22:17
白いヒトデさん こんばんは〜

>アルテミアを別容器で与えるのはあまり良くなかったですか

私の場合は、水槽の海水とクラゲを別容器に移し、ブラインを与えた後クラゲだけ水槽に戻し、減った海水分だけ新海水を追加する方法を取っていました。
ですから、水質の問題は無かったのですが、容器が小さくなったり、ブラインがいきなりたくさん入ったりという変化に、クラゲが驚くのかストレスからか?口腕を縮めてしまって水まんじゅうのようになったり、口腕についていたアルテミアが粘液でまとめられて離れてしまったり・・・と、胃の中に取り入れられる量が少なかったです。
水槽にアルテミアを入れると、自然に獲り入れているようでした。
普通にパコパコしながら、粘液も出ることなく、傘の内側はアルテミアのオレンジ色になっていました。それからは縮むことがありませんでした。

我が家のサカサクラゲはまた大きくなり、直径6cm位あります。このままだとまだまだ大きくなりそうです、どうしたものか(-_-;)

はい、エダアシクラゲです。
これは小さいですよ、成長しても傘の高さは3ミリのようです。
ここ数日で爆殖して、今日は1〜2ミリのを100匹くらい排除しました。
近いうちにアップしますね。
kei
2013/10/14 22:52
こんにちは。
くらげが、この大きさに成長するまで、どのくらいかわかりませんけど、成長には相応の時間は必要ですからね。水質に異常もないし、やはり寿命も大きいのだろうと思います。なんか・・・はかない命ですね。

あらためてクラゲ飼育って難しいと感じますが、あの姿はやはり魅力ありますよね。

>新たなる出会いが・・・不思議だ!

コメにありますけど、また新たなクラゲシリーズは始まるんですね。
たのしみにしています。
あくあ12
2013/10/15 15:15
あくあ12さん こんばんは〜

しばらくクラゲの話ばかり続いてしまいました(-_-;)
色々変化はあるのですが、パッパと行きません。

クラゲはもう少し楽しめると思っていたのですが、短かったです。
暗い中、青い光に照らされてパコパコする姿は見ていて飽きません。

次もクラゲの話になりますが、お付き合いください。
kei
2013/10/15 20:56
はじめまして。
ブラウン、かわいいですね。長生きしてほしいです。

うちのサカサクラゲも、今は口腕がありませんが、冷凍ブライン(ベビー)をあげた時は、食べているように見えました。足も1本も無くなり、体も2ミリくらいに縮んで7日目ですが、今朝は拍動したし、今夜も、自分で体の向きを変えたので、生きています。

私も、別容器でエサをあげてました。
目からウロコです。

クラゲさんって、難しいですね。
綺麗で、かわいいのに。

>あの寄り添いにはとても不思議なものを感じました。
仲よしだったのかもしれませんね。
水飼 瓶魚
2014/08/01 22:48
水飼 瓶魚さん、こんにちは〜。

ご訪問&コメント有り難うございます。

ブラウンはこの後2週間ほどで☆になりました、3ヵ月と11日でした。
カラージェリーは短すぎてとても残念です。
クラゲの動きには癒されますよね、もっと長く飼えると良いんですけどね〜。

水飼 瓶魚さんのサカサクラゲはすご〜く小さいんですね。可愛らしい!
再生され元気になられることを願っています。 

kei
2014/08/02 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラゲのその後は・・・ 恵の小さな海/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる