恵の小さな海

アクセスカウンタ

zoom RSS 水草水槽はあれからどうなった? 

<<   作成日時 : 2014/04/11 02:52  

トラックバック 0 / コメント 4

今年1月初めに、初めての水草水槽を立ち上げてこちら

ムフフ・・・これで3か月後には緑の絨毯・・・期待と不安が入り混じり・・・

結果、不安的中! 夢は早くも儚く消えました(苦笑)



44X18X20と小型スリム水槽に

グリーンネオンテトラ20匹、コリドラスピグミー2匹、コリドラスパンダ1匹、オトシンクルス1匹

餓死したら可哀相だと餌は朝晩2回、ミナミヌマエビ5匹入っていても苔対策にはなりませんね〜(-_-;)

そして、赤い色が欲しいと思い、更にレッドチェリーシュリンプを5匹入れました。

水槽に入れてから気がつきました、レッドチェリーの中に抱卵個体が1匹いました。

店長さんのご厚意です。嬉しいですね〜


画像
    はち切れんばかりのお腹〜楽しみ〜

    早く稚エビの顔が見たい〜

    無事に生まれてくれるかしら?    

    ある日のこと、お腹の卵がありません。

    何処かに稚エビたちがいるはずです。






こうなると苔がどうだとか言ってはいられません。

稚エビが魚たちに食べられてはいけないと、魚たちの餌はしっかり朝晩2回やり続けました。

苔も予想通り(苦笑)増えています、うっぅー 

一週間過ぎても稚エビが見当たりません。ダメだったのかなぁ〜?

10日過ぎた頃、細い紐のような稚エビ発見! 3匹います。

赤い色なので辛うじて確認、ルーペで一生懸命見入ってしまいました。

画像














画像















この間にミナミヌマエビも2匹ほど抱卵していたので稚エビもたくさん生まれました。。

「もっと出てくるよー」と店長さんが言った通り、あそこにも、ここにも出現!

その後2種類の稚エビたちが水槽内を動き回ります、可愛い

しかし、苔の勢いが〜、水草をトリミングしたり抜いたりしたが、

苔発生の原因を改善しないのだからなくなるわけがない、ははは・・・^_^;

そのうちにグリーンネオンテトラが一匹また一匹と、体の一部が赤くなって・・・ 膨らんで・・・

何かが飛び出してきたような? 早速隔離して薬浴しました。

調べてみると、寄生虫のようです。しかしイカリムシとは違います。

白い糸が絡まったような・・・体の内側から突き破ってきます。


画像    この寄生虫の名前はわかりません。

    この子が最初の犠牲者です。

    この後も次々と同じ症状が!

    最初は赤くなり、膨れてきて、飛び出てきます。

    エラ、のど、目、体側、ヒレ・・・

    寄生されていても元気なんですが、

    こうなると3週間前後で☆に 

    



水草もソイルも苔苔なので、リセットすることにしました。

3月22日、ついにリセット。

水槽もフィルターもヒーターもしっかりと洗い、水草もソイルも新しく入れ替えました。

そして、20cmの水槽をテトラ専用に、薬浴水槽の生存者と合わせて15匹となりました。

その後2匹が☆になり、現在は13匹です。

しかし、その中の4匹に寄生虫がいるのを確認・・・最終的に無事なテトラはいるのだろうか?

多分今後テトラは飼わないと思います。



新水槽のレイアウトはこうなりました。
画像

















新水槽の主役は・・・エビ!です。

この時、レッドチェリーシュリンプの稚エビは16匹ぐらい、

ミナミヌマエビの稚エビはなんと40匹以上です。 

そして、他の色のエビを探しにショップに行くと、おりましたよ〜 

黄色のイエローチェリーシュリンプに、青いカルボーンシュリンプが・・・購入。

エビたちはみんな同じ仲間なので問題ないはずです。

魚はコリドラスピグミー2匹、コリドラスパンダ1匹、オトシンクルス1匹です。

それではエビたちを個々に紹介しましょう。


レッドチェリーシュリンプ
画像















イエローチェリーシュリンプとカルボーンシュリンプ
画像
















随分昔、青いザリガニを見て感動したのを思い出しました。

まさか、こんな青いエビ(カルボーンシュリンプ)を飼えるなんて・・・嬉しい〜!

画像















ミナミヌマエビは環境によって色が変わるとか? 確かに来た時とは変化がある。

稚エビたちの中にも青系、緑系、黄色系、透明・・・とあって、これからの変化が楽しみだ。

画像
















エビとコリドラス達は問題なく過ごしています。 レッドチェリーは1か月たった稚エビです。





エビたちがこんなに泳ぐんですよ、まるで魚のようです。 泳ぐ時の腹肢がいいねぇ〜(笑)






こんなにカラフルに・・・良いんだろうか? 邪道か?

画像
















この後、オレンジのエビと水色のエビも入りました(後日アップ)



そして、今日はカルボーンシュリンプが抱卵しているのを発見! 

これまた嬉しい〜 楽しみ〜  




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜

ビックリしました〜。淡水にこんなに綺麗な色のエビさんが沢山いるとは知りませんでした。

赤系のエビさんは見慣れているせいか、青いエビ、カルボーンシュリンプというんですか、新鮮ですね。私も気に入ってしまいました。^^

稚エビたちが気ままに遊んでいる姿には癒されますね。^^
白いヒトデ
2014/04/12 02:03
白いヒトデさん こんにちは〜

そ〜なんですよ、私も今回知りました。

チャームさん見てたらオレンジやベルベットーブルーとかライム・・・とか、稚エビたちを見ていたら更に複雑な色が出てきそうです。

カルボーンシュリンプも本来は両端が濃い青で真ん中が透明らしいのですが、様々な模様がありました。
今抱卵しているカルボーンシュリンプは本来の模様のようなので、稚エビたちに期待できそうです。
しかし、こういう改良されたものは生まれてくるのが固定されているわけではないので、きっと色々なのが出てくると思います。
繁殖を目指しているわけではないので、かえって楽しめるかな?

エビたちがスーッと泳いだり、ツマツマしているのを見ていると本当に時間のたつのを忘れてしまいます(笑)
私ってこんなにエビが好きだったのかしら?

海水の水槽は換水と苔取りしかしていないので、ライブロックにはヒゲ苔が増えてしまって、如何しましょう ^_^;
kei
2014/04/12 18:40
こんばんは。

海水に転向してから淡水はやったことないですけど、海水とは
また違った味があって魅力を感じます。

最近、私も水槽もブログも放置中ですが、最近の淡水水槽は結構
にぎやか&面白そうですね。

とはいえ、現状でもアップアップなので、とても水槽はふやせそうにありませんが。。。
あくあ12
2014/04/13 00:57
あくあ12さん こんにちは〜 お久しぶりです。

水草の緑に癒されます〜。
自然の一部を切り取ったような「ネーチャーアクアリウム」に憧れて、しかし、すぐにできるわけでもなく^_^; 真似事をしてみようかと・・・
まずは苔の発生を抑えるところからですね。
魚も入れて維持できるようになるのは当分先のことでしょう。

私も海水水槽&ブログ放置状態で(苦笑)まぁ、そんな時もありますよね。
海水の方はやめようか?などとよからぬことが浮かんだりしていますが、生体がいる間はできませんよね・・・といいながらも、チョコチョコと追加したりしています(笑)

水草水槽リセットの際にサイズを一回り大きくしようかと水槽まで購入したのに、よくよく考えたら大変なので小型のままにしました。
淡水は水道水の方が良いということなので、海水よりは楽かな?
それに水槽が小さいって、これもまた楽ですね。
kei
2014/04/13 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
水草水槽はあれからどうなった?  恵の小さな海/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる